インプラントとは

歯科治療といえば虫歯を治すといった疾患に対する治療や、歯並び矯正や、歯石を定期的にとりのぞくといった口腔衛生治療など、さまざまな領域を頭に浮かべることができると思います。
現在の歯科治療を大まかに分けると、”機能的回復”を目指す治療と”審美的回復”を目指す治療の2種類になるでしょう。
とくに最近は”審美的回復”治療に注目が集まっています。
これは、歯の見た目の美しさを取り戻す、あるいは保持するための治療です。

人と人が出会う時、まず顔をみることが多いでしょう。
中でも口元は顔の中でも印象的なところで、口元の状態が顔全体を決めるといっても過言ではありません。
実際に、欧米では口元(とくに歯)の治療やケアをしっかりしている人としていない人で、その人自体の評価に大きな影響を及ぼすといいます。

日本でも、歯科治療において審美的回復を目指す審美治療へ重きをおく流れが年々広がっており、私たちのあいだにも歯を美しく見せたいという意識が高まっているように感じます。
たとえば歯のホワイトニングなども、歯の審美治療・ケアの一環であり、ホワイトニング専用の歯磨き製品が多数流通し、ドラッグストアなどで気軽に手に取ることができます。

そして、審美治療の中でもっとも注目されているのが”インプラント”という治療法です。
インプラントとは、体内に埋め込む器具の総称ですが、歯科治療ではそのことを”デンタルインプラント”と称しています。
デンタルインプラント治療は、審美治療だけでなく歯の機能的回復も同時に実現することができる、画期的で優れた治療法として知られています。